雨寶山月輪寺縁起

月輪寺は,創建年は不詳ですが,8世紀頃に行基(ぎょうき)菩薩が諸国行脚中に,月輪を礼拝するお堂を造ったことが起源とされています。(注1)

創建時は,蓑山(みのやま,現在の堺市中区見野山)にありましたが,その後荒廃し,建保年間(1213年-1218年)に再興されました。
しかし,江戸初期に火災に遭い,堂宇を焼失,元禄年間に現在の場所に移転しました。寺院が蓑山にあった証として,什宝である喚鐘や鰐口には,「蓑山」という昔の山号が彫られています。

堺や和泉では南北朝のころから聖による遊行が盛んで,江戸時代初頭になると,月輪寺を含め,近隣の興源寺,光明寺,豊西寺,観音寺,観音院,増福寺(廃寺),倉谷寺(廃寺),極楽寺(廃寺)といった陶器の九か寺が「村々聖堂中」と呼ばれ、寄合いや信仰の場となっていました。(注2)

また,当寺は,江戸時代には寺子屋を開き,お堂の中では読み書きそろばんが教えられていました。
その後,明治5年(1872年)に国民皆学・実学主義を掲げた学制が発布されたことから,寺子屋は,和泉国第三区郷学校(東陶器小学校の前身)の役割を担うに至りました。
現在の堺市立東陶器小学校は,当寺で開かれた寺子屋が起源となっています。

(注1)創建に関する一次史料は,現在散逸していますが,創建当初の当寺の跡地(蓑山寺跡)から「蓑山月輪寺」と記された梵鐘や奈良時代の軒平瓦(唐草文と三鈷文)などが出土しています(陶器郷土資料館(編), 1987,『須恵器概説ー陶邑窯を中心としてー』,p.77)。また,宝永二年の和泉国大鳥郡之内寺社帳に,当寺の創建に関して「行基之開闢而行基入寺之事」と記載されています(堺市役所『堺市史続編第4巻』p.1342)。
(注2)堺市役所『堺市史続編第1巻』pp.815-816.

下の写真は,昭和30年頃の当寺周辺

昭和30年頃の月輪寺周辺